おっぱいクリック

おっぱいクリックではエッチなゲームを製作しています。

GWなんて無かったんだ……
ずっとAffterEffectで次回作のシミレーション用のアニメーションを作っていました。
試行錯誤したのでかなり知識を得たかな
03

上記は何をしているかというと、ジャンプさせておっぱいを弾ませるアニメーションなのですが、それに伴い開脚もさせようとしているわけです。意外とここまで来るのが大変でした。
使用画像は何層ものレイヤーに分かれています。それを個別に動かしてアニメーションさせます。
一番厄介なのが、取り込んだPSDがリンクされているということです。今となっては利点ですが、それを知るまでレイアウトが崩れまくって、試行錯誤しました。
元のPSDのファイルの中のレイヤーを変更させてしまうと、AEの中のレイヤーも変わってしまうのでそこだけが注意が必要です。

現在はシミレーションゲームを作っています。
01

体操着の襟が無いのは、まだ描いていないからです。(一枚絵ではなくて分割してある絵です)
今回のゲームはAfterEffectを使ってアニメーションをさせたいので、各部分を分割して描いています。
アニメーションをさせたものをCF2.5でゲーム化するわけです。

02

こんな感じです。すでにおっぱいをプルプルさせることに成功しました。背景は寂しいの描くか素材を使わせていただこうかなと思っています。
おっぱいぷるるんするところをGIFアニメで持って来たかったのですが、Photosopのフレームアニメがうまくできなくて断念しました。
ランダムに落ちてくるハートをクリックして左のボックスにハートが貯まっていく感じでゲームを進めていく予定です。もう少しゲーム性を詰めていかないと面白くならないかも……着せ替え要素もあります。

4年位前にツクールVXAceでHRPGを作り始めて、その後MVと来て、CF2.5でいくつかのスマホアプリを作って(今も作っています)、やっと自分が再現したいオッパイぷるるんするゲームにたどり着いた気がします。

パイズリの館Ver1.02を申請しました。
修正内容は、回想シーンにおける主人公の表記がデフォルトになってしまうため、イベント時の主人公の表記を
「勇者」「あなた」に変更しました。

申し訳ございませんが、上記の対応でお願いいたします。

パイズリの館は探索型アドベンチャーゲームとしてRPGツクールMVで作りました。
個人的にはRPGはもういいかな・・・と思っています。RPGの何が大変かというと戦闘の部分です。
戦闘のバランスが難しいのと武器や道具のバランスが難しいという2点あります。
それに市場に沢山出ているし……と思って前々からアドベンチャーゲームを考えていました。
最初は温泉に来たショタくんがいい目に会う(マップを少し作って挫折)
次に考えたのが学園モノでした。転校してきた男の子がいい目に会う(マップを作ってイベントを少し組んだら挫折)
で今回のパイズリの館を作っていてなんとなくコツがわかったかな……と思います。

もしも今後作る予定がある方がいらっしゃったら、個人流ですが参考にしていただければ幸いです。

ギミックを簡単に考えるには、身の回りの小物から始めました。パイズリでは採用していませんが、
例えばランプ、ランプを付けたら周りが見えるようになって壁に地図が貼ってあったとか思いついた場合、
ランプを点けると地図が見つかるという最終目的までのルートを逆に考えることにしました。
ランプを点けるにはオイルが必要だ……となるとオイルを探す目的がその前に来て、オイルは古びた倉庫に
あるとなるとその古びた倉庫を開ける必要がある……鍵が壊れているから、ハンマーでこじ開けようとか
そうなるとハンマーとオイルとランプという3つのアイテムが思い浮かびそれを個別にどこかに置くと、
なんとなく探索になる……という形です。

そして今は温泉を舞台にした探索型アドベンチャーを考えています。
主人公はショタくんではなくて自分の人生を諦めてしまった社会人の男性の予定です。
CF2.5ではなくてやっぱりMVを使って作ります。
CF2.5で考えているのも並行して作れたらいいな……

01

パイズリの館DLsite様に申請しました。
価格は756円です。
アドベンチャーゲームでRPGのような戦闘も無いし、プレイ時間も短いし初見1時間くらいですかね。
プレイ時間は短いですが、アドベンチャーゲーム特有のアイテムをどうやって使うかという部分に
時間を費やしました。一見単純ですがそこまで考えだす思考というか考えが大変でした。
CGの枚数も9枚で差分無し、音声も擬音のみという形なのでこの値段です。
正直ヌキゲーでもないと思うし……セックスシーンもないし、凌辱でもないし……あんまりいやらしくないです。
探索型なのでホラーアドベンチャーを参考に……と最初作り始めましたが、ホラーとエロって
意外と結びつけるのが難しいと感じました。凌辱すれば追いかけられて捕まったらとか考えられますけど、
凌辱ではなくて甘々っぽくしたかったので、結局自己流になってしまいました。

おまけとして使用CGの描いたサイズ解像度がクリア後パスワードで解放します。
ゲームのウィンドウが横長なため、どうしても描いてから角度を45度とかにして、
ウィンドウサイズに当てはめています。そうすると意図せぬシャギーみたいなのが発生してくるんですが、
そういうのが何だか申し訳なくて、そのため描いた形の絵をおまけとして同梱することにしました。
MVだと縦長でもできるのですが、どうもしっくりこないので……

次はCF2.5(インディーゲームクリエイター)を使って作ろうと思っているので縦長の解像度にしようかな

自己流の(H)RPGの作り方はこんな感じです。
①ツクールMVで作り始める。
基本的には何も考えずに作り始めて、都度変更していくという形ですね。
その為半分くらい制作して辞めたゲームが3つくらいあります。
オープニングからエンディングまで作ったらとりあえずこの工程は終了です。
②RPG内のイベントを作る
キャラのセリフなども一通り入れる
③イラストを描く
上記①で最初に作り始めるのは作りながらキャラクターが出来上がってくるからです。
これは個人でやる場合は有効ですがチームでやる場合は最初にキャラ決めるのかな?
④エッチシーンの文章を考える
これが大変……
⑤音を入れる
個人的には最初に作ってしまいたいタイプなので音は最後ですね。
⑥とりあえずプレイ
ここで何度もプレイしてバグや文言のチェックです。

全てとりあえずでやった方がいいです。
何故かというと一つ一つの項目をクリアすることによって達成感があるからです。
この達成感が無いとRPGを一人で作るなんてやってられないです……
とりあえずで作ってそこから作り上げていく方がモチベーション保てるかな?
最初はワクワクで最後苦しいくなる感じです。

今回の「パイズリの館」で一応ツクール系での製作は最後の予定です。
インディーゲームクリエイターを使って今後は作る予定です。

14
現在はイベントシーンを製作しています。今回のゲームは差分無しで枚数は少ないです。
Zipファイルを同梱してゲームクリア後にパスワードでZipファイル解凍でオリジナルサイズのイラストを見れるようにしたいと思っています。解像度の関係で縮小しているイラストが多いので、描いたサイズのおまけイラストという感じです。

起動画面ができたよ
12

こんな感じの起動画面になります。回想シーンも追加する予定です。
今回は塗りを考えながら描きました。リアルよりもリアルにしたいなと思いながら描きました。
なのでイラストの数は少ないです。

追記
上記のタイトルを改めてみるとう~んと思ったので変更しました。

13
パイズリの部分も英語にした方がかっこいいと思ったのですが、文字数的に合わないし
パイズリはパイズリだからと思ってローマ字です。

↑このページのトップヘ