おっぱいクリック

おっぱいクリックではエッチなゲームを製作しています。

本日デーモンプリンセスの中出しハント販売しました。

ご購入していただいたユーザー様ありがとうございます。
また評価をしていただいたユーザー様ありがとうございます。
非常に嬉しい限りです!作り手としてはかなり嬉しいです!
本当にありがとうございます!

今までのHRPG(ほとんど販売終了しました)がなんか上手く行かなくて…
色々考えて今回は作りました。なのでツクールの機能を生かして動くセックスバトル
セックスバトルだけではとおもいエッチシーンも動かしてと…結構大変な作業の連続でしたが
明るく楽しいゲームになったかな?と思います。

ここで序盤の攻略というか…自分でもテストプレイで色々と調整した部分です。
若干ネタバレになるので…

※性交技は性知識の量で決まってきます。強力な性交技を繰り出すには性知識を増やす必要があります。
ステ振りで増やすのもいいのですが、「性知識の本」を探していただければ合計50増えます。
この「性知識の本」はクエストをこなすとかではなくて、あえて探せば見つかるようになっています。
合計10冊あります。

※娼館サッキュバスにいるベリーに会うとエッチイベントで、お○んこの数値を増やしてくれます。
これはセックスバトル勝利後の中出しの成功率を高くしてくれます。魔女の館にいるエロスがボーナスで数値を増やしてくれますがこれもお○んこにすると中出し成功率が格段に上がります…と思います(体感で比べてみると)

ギルドのクエストは3人の紳士相手にバトルセックスです。正直これは開始直後では勝てません…
フリークエスト方式なのでここでも解決策があります。

学校の女の子の依頼で猫を探してがあります。そのクエストをこなすと親しみが大幅に上がり「すばやさの尻尾」が手に入りますます。親しみを30以上まで上げると、ウェディングパレスの青年のクエストを受けることが出来ます。このクエストの途中でウェディングドレスの衣装を手に入れることが出来ます。
ウェディングドレスの衣装はセックスバトル時に使うと相手の紳士全員と婚約します。婚約ステータスの紳士は紳士を攻撃します。
エロスに一度会うとエロスは魔法学校にいます。そのエロスのクエストを攻略するとエロスドレスがもらえます。セックスバトル時に紳士全員に対して100ポイントの愛撫を与えるボーナス衣装です。
※エロスドレスは無くてもいいかもしれません。
次に学校の上にあるドルイドの樹の鼻を挿入すると…次のセックスバトル時に愛撫力・防御力が2倍で挑めます。

この状態で3人の紳士とセックスバトル開始です。
ウェディングドレスで全員と婚約。(ウェディングドレスは必ず先行行動です)
紳士は紳士同士でやりあいます…
恐らく紳士一人が勃起すると思います。すると他のふたりもつられて勃起するのでペニスを狙った性交技が繰り出せるようになります。
次はすばやさの尻尾で次のターンから先行行動にする
もしくはエロスドレスを使用します。紳士達は大愛撫ダメージを食らいます。
お勧めはエロスドレスですね。これで一人の紳士はいかされるはずです…
あとは二人相手用もしくは三人相手用の性交技を繰り出せば勝利すると思います。
↑この性交技を繰り出すには性知識がそれなりに必要なので、ステ振りするよりも「性知識の本」で増やせばスムーズに行くと思います。

セックスバトル時のスタイル(ステート)についてです。
これもネタバレになります…
魔族の王女はダイニングキッチンでバンダナ男と遭遇時取得
ぷりっとしたお尻は一度部屋で寝ると取得
まじめは魔法学校の図書館で取得
照れながら乳出しは中出しが6回を越えると取得
パンティずりおろしは中出しが12回を越えると取得
パンティオープンは中出しが18回を越えると取得
ホカマンはセックスの数が20を越えると取得となります。

160324

デーモンプリンセスの中出しハントのリリース日が決まりました。DLsite様で明日3月25日発売予定です。
DMM様は只今審査中でございます。
※追記:DMM様も明日発売予定です。

同時にデモ版も出ますので、デモで試してみてください。上記エッチシーンもデモ版で見れます。
デモ版は約20分のプレイが可能です。
セーブデータの製品版への引継ぎはできません。(内部で少し違う部分があるので)

RPGですが探索メインで、セックスバトルも自由です。物語上強制的にセックスバトルする時はあります。

※相手が紳士なので凌辱シーンやレ○プシーンはありませんので、ご注意ください。

160326-3

デーモンプリンセスの中出しハントではエロシーンの背景もこだわっています。何をこだわっているかというと…
開いているスペースに絵としておっぱいなどの絵を入れることにしました。どうしても空間が開いてしまうイラストがあるので、それを少しでも補えればと思い絵を描きました。脳内設定では…紳士だらけだから欲情するように女の人の絵が飾られている…なんですが

イラストに関しては、コンピュータ系の営業マンを辞めてから、某漫画出版社のWeb版の漫画着色や雑誌の挿絵、ソシャゲの背景などを仕事としてやりました。漫画着色が非常に疲れる仕事でした。トーンは全部クリッピングマスクで覆って着色したり、色の異なる部分を全てレイヤーに分けたりと工数が多い割りにギャラがね…
ソシャゲの背景はパースを取ってIllustratorで描きました。ホントこれは疲れる作業でした…

160326-2

イラストはやはり描いていくうちに上達していく感じがしているので、何度も顔、特に表情を描きなおしました。
そのため当初の予定より大幅に遅れました。この辺は自分で描いているのでフットワークが利くかなって思います。新たなシーンが思い浮かんだ時や絵の表情を変えたいという時に外注さんにお願いしていると、迷惑かけたりコストが発生したり納期の問題とかいろいろ考えなければいけませんが、自分で描いているので頭を悩ますのは自分だけなので…申請直前まで描きました。ドルイドの樹というのが登場するのですが、当初は樹液を塗るというイラストを、挿入するというイラストに描きなおしました。少しでもおもしろいゲームにしたいので、描きました。

デバックも何回も行いました。今回のゲームはフラグが点在しているので(大袈裟かもしれません)気になる箇所は多方から何度でも検証をしました。これも自分で作っているので気になる箇所やバグになりそうなところを集中して出来るので利点かな?

基本的にスクリプト側の人間ではないので、素材屋さんのスクリプトを使用させていただき、カスタマイズできるところはして製作しました。なのでデーモンプリンセスはイラストにこだわったゲームとなります。
基本CGは56枚です。立ち絵は、衣装破れではなくてセックスバトル開始時に選択するステートによりイラストを変更させているので、合計18の立ち絵です。衣装はこれは立ち絵って言うのかな?表現が難しいです…製品版と同時にデモ版が出ますのでそれでご確認していただけると助かります。
またセックスバトル時はイラストが動きます。何をもってアニメーションというのかわからないのでアニメーションという表記は避けて「動きます」この動きもプリンセス16種類、相手の紳士24種類で40種類の動きがあります。

一回モザイクと表現のミスで修正して、差し替えしたのですがこれで通ればいいな…

SteamでUndertailをプレイしています。最初は面白くなるのかな?と思いながらプレイしていたら1時間くらいたったらその世界観にどっぷりですよ…このゲーム個人製作なんですかね?なんか海外のインディーって個人製作が増えて着ている気がします。その波に乗りたい…

160326

デーモンプリンセスの中出しハントではイラストの背景にも気を配っています。
パースから背景を描き起しています。野外や室内の行為が多いので(当たり前ですね。)臨場感を描きたかったわけです。また差分を利用して動的にエッチシーンを描きました。

デーモンプリンセスは昨日申請しました。今回は色々とフラグが混在しているので、テストが大変でした。
気になるのはモザイクの処理かな…抜けがたまにあるのでその辺ですね。
一応モザイクを掛けるからといって手抜きはしていないので…

次のゲームの構想はすでにあり、VXaceかMVどちらで作ろうか考えています。MVを触ってしまうと…MV自体にバグは多いのですが、それは作る側が考えて避けるようにすればいいのかな?と思っています。

デーモンプリンセスでは非常に多くのイラストを使用しています。

d-02

例えば製作途中で、新たな発想が出てきた時にはイラストを増やしたり差分を増やしたりしています。
このため、製作が遅れるわけです。
現在は、テストプレイをしながらスイッチやフラグの確認をしています。ここでまたイラストが増えるわけです。自分でもいい加減、絵は終わりにしてもいいと思いながら、昨日3枚イラストを増やすことにしました。こんな感じで製作→CGと一貫体制なので融通が利くといえば利きますが、その分時間が掛かってしまいます。
如何にその場面でふさわしいCGか?と考えながら製作をしています。
上記のキャラ「リリィ」も3体描いて決めました。顔は何度も描きなおしました。

デーモンプリンセスの戦闘(セックスバトル)には着替えという項目があります。

0003

上記画面はネグリジェに着替えたところです。その名の通り相手を眠らせます。
デーモンプリンスの世界には魔法はありません…着替えは魔法の位置付けで存在します。

d-01

物語が進むにつれてこれだけの衣装が揃います。それぞれエフェクトではなくて絵で描かれています。
デーモンプリンセスでは着替えを無くした代わりに戦闘場面に登場して画面を色鮮やかにします。

戦闘のこだわり②でも記載しましたが、戦略性を考えてそれぞれの衣装を考えました。
そこで重要なのは、エロスポイントを消費して着替えを行うのですが、エロスポイントはデフォで100しかないというところです。着替えには50ポイント消費します。デフォのままだと着替えが2回しかできないという部分で戦略性を持たせました。(アイテムでエロスポイントを回復させることも可能です。)

例えば…ヘルスがあと10しかない時に、絆創膏を使えばヘルスが全回復します。そのボーナスとして絆創膏を使用したターンのみ無敵となります。一発逆転のチャンスが生まれるわけですが、それまでに他の衣装を2回使ってしまっていたなら非常に厳しいセックスバトルとなるわけです。相手を弱らせる衣装を使ってセックスバトルを有利に進めるも、衣装を温存させるのもプレイヤーの方次第という感じです。
一つ一つの手を選択していただいて戦略的にまた多少の緊張感でゲームが出来ればと思い考えました。
ちなみにレベル上げではなくて…セックスバトルに勝利!中出しシーンで成功すると1ポイントもらえてそれをステータスに振り分けるシステムになります。イベントを進めることによっても、購入することでもステータスポイントを増やすことは可能です。

セックスバトル開始時のスタイル(ステート)により相手が勃起した後にパンティを脱いだ姿になります。

0002

相手の勃起は相手のHPを70%まで減らした際に発動します。当初いろいろとフラグを立ててからの勃起と考えていたのですが、そうなると非常にスムーズではなく、私が考えている簡単でなおかつ戦略がいるセックスバトルから離れてしまうので、HPを減らすことで相手の勃起→デーモンプリンセスの挿入準備完了スタイルという流れにしました。

戦闘のこだわり①にも書きましたが、プレイヤーの方が最初にスタイルを選択することにより次の絵(挿入準備)が変わるという形で衣装の破れではない変化を再現しました。

相手は人間だけです。モンスターはいませんので異種姦は無いです。これはセックスという部分に重点を起きたかったために全て相手は人間となりました。10人近くの男性が相手として挑んでくる…というより挑む?かな…
愛撫力(攻撃力)、忍耐力(防御力)、すばやさの3つしかセックスバトルでは何ていうんだろう…読み込む?参照する?かな…とりあえずその3つで戦闘が決まります。魔法力や魔法防御、複雑な計算式は入れていません。
個人的な考えとしては、簡略化なのです。複雑な計算式とか色々なステートとか今まで作ったHRPGにいれてきましたが、それは作り手側のこだわり?みたいな感じがあって、それを導入することにより、面倒くさくなられては困りますので、簡単に戦略的にデーモンプリンセスの戦闘方式を考えました。
つまり10人いても中身は上記の3つの変化ということですね。それプラス繰り出す愛撫技(アニメーション)の違いですね。

現在テストしながらバグフィックス(バグといってもミス?かな)をしています。

テスト三昧でちょっと飽きてきたので・・・

戦闘つまりセックスバトルについてのこだわりを語らせてください。

150401

最初は上のような感じの戦闘方法を考えていました。ツクールなんでターンベースという点は変わりません。
今まで作ったHRPGと同じ方式ですね。これだと正直レベル上げの戦闘と感じました。

レベル上げの戦闘、極端になってしまいますが受動的な戦闘のように思えるわけです。※あくまで自分が作ってきたHRPGでの戦闘の話です。

そこでプレイヤーの方に能動的に戦闘に参加できる方法が無いかと考えました。
女性主人公です。セックスバトルです…ここでのポイントは女性主人公のセックスバトルというところです。
またコンセプトとして凌辱系は入れないので、その点を踏まえ、ありがちですが精子を吸収する?という考えに至りました。こうなると望んでエッチする女の子主人公になります。

次に考えたのが、衣装の破れはあまりいやらしくないという点です。以前リリースしたホーリーレジェンドは衣装の破れを沢山やりましたが、正直いやらしくありません…これは完全なる私のミスです。

プレイヤーの方の能動的な選択に重点を置いた時に、破れるという受動的な出来事ではなくて、そのスタイルを選んでもらうということにしました。

0001

それがセックスバトル開始時に選択するスタイル(ステート)となりました。一定の条件でスタイルが解放されていきます。それぞれ別の絵を描いていますので、通常の立ち絵も含んじゃいますが…
9つのスタイルを選べます。また相手が勃起するとパンティ脱ぐので合計戦闘の立ち絵では18枚使用していることになります。
ここでセックスバトル開始時のプレイヤーの方の「選択」ができるわけです。

↑このページのトップヘ